お知らせ

令和4年度 京都府知財セミナーのご案内【ZOOMによるオンラインセミナー】

 ​標の権利行使、侵害回避及び侵害発見の対応 

 例えば、次の言葉を一般名称として使っていませんか。
 「うどんすき」「セロテープ」「プラモデル」「フリーダイヤル」「タバスコ」「プチプチ」等は商標登録です。つまり、誰かの独占排他権ですので、無断で使用すると他人の商標権を侵害している!となりえます。商標権侵害は、権利者側と立場が違えば、見える事情も異なります。
 本セミナーでは、商標の保護範囲、権利者側からみた他者による商標権の侵害場面、侵害者と言われてしまった側からみた商標権の侵害場面をご紹介し、商標権の侵害を発見した場合に取るべき対応、商標権侵害と言われてしまった場合の対応についてもお伝えします。

 ●日 時 2月21日(火)15時~16時30分
 ●講 師 弁理士 村井 康司 氏(新樹グローバル・アイピー特許業務法人 代表弁理士)
 ●定 員 100名(定員になり次第締切)
 ●対 象 京都府内の団体・企業の勤務者、または在住の方。それ以外の方は定員に満たない場合のみ受け付けます。
 ●受講料 無料
 ●主 催 京都府・一般社団法人京都発明協会

 ▶詳細は[こちらから]
 ▶お申込みは[こちらから]